2014年12月12日金曜日

一関

 母と岩手県の一関・平泉を旅行しました。
 
 一関のドンクというライブハウスで、主人のはとこ鬼怒無月(きどなつき)さんと吉良友彦さんのギターデュオライブを聴きました。写真はリハ-サル中の様子です。アットホームな感じの良い雰囲気のお店です!

 本番はたくさんのお客さんで演奏者が見えないくらいでした。迫力のギタ-デュオ、おもしろかったです!ちゃっかり打ち上げにも参加。美味しい牛タンをいただき、一関の夜を楽しみました!

 ライブの前にドンクのママさんに連れて行ってもらった「ジャズ喫茶ベイシ-」。
 初めて聴いたベイシ-の音。温かくて優しい音でした…楽器特有の微妙なア-ティキュレ-ションがよく伝わってきて、音楽の向うにいる「人」を感じることができます。何十年も前の演奏が生き生きと再現され、演奏しているその場にいるような感覚です。
 ベイシ-のマスタ-菅原さんともいろいろお話ができ、本にサインもいただき嬉しかったです。時間の流れ方が違う、まるで竜宮城のような別世界でした…ぜひ再訪したいです!

 一関で音楽三昧、楽しい!



 
 

2014年12月5日金曜日

夢奏人

 高崎市の主催で群響の団員さんが出演するコンサ-ト「夢奏人」シリ-ズ。
 一昨日は、チェロ首席奏者のレオニ-ド・グルチンさんとピアニストのユリヤ・レヴさんのデュオリサイタル、グリンカ、グラズノフ、ラフマニノフ、プロコフィエフなどロシアの作曲家のプログラムでした。

 


 グルジアの作曲家で自身もチェリストだったというツィンツァ-ゼの「チェロとピアノのための5つの小品」、民族色豊かでとてもおもしろかったです!エネルギ-、躍動感にあふれたグルチンさんの演奏、チェロの旋律に遠い異国の情景や雰囲気を感じワクワクしました。
 ユリヤさんとの息もピッタリ!スケ-ルの大きいご夫婦のデュオリサイタルでした。


 この夢奏人シリ-ズ、8月に開催されたホルンの濵地宗さんのリサイタルは、個性と魅力があふれた楽しく印象深い演奏会でした。
 来年3月はヴァイオリンの竹内千尋さんが登場、「春の海」やモ-ツァルトのソナタなどを演奏される予定です。こちらも楽しみです!

2014年11月28日金曜日

群響の過去・現在・未来



 23日の日曜日は群響第504回の定期演奏会でした。メインはブルックナ-の「ロマンティック」、アルミンクさんの指揮が素晴らしかったです!
 ブルックナ-が今までなんとなく苦手でしたが、この演奏会のおかげでおもしろさに目覚めたかも?弦楽器の音色が重厚できれい、ホルンも良かった!優雅で迫力のあるブルックナ-を聴くことができました。

 24日の午前中は、先月再オ-プンした高崎電気館で「ここに泉あり」の無料上映がありました。
 終戦直後の高崎の市民オ-ケストラが群響へと成長する物語、監督は今井正、1955年に作られた白黒映画です。大きなスクリ-ンで見るのは2回目。いい映画は何度見ても新たな発見と感動があります。12月20、21、22日も朝10時より上映されますよ。また見に行きたいです!

 「ここに泉あり」を見終わって、急いで市文へ。午後は「岡村喬生と蝶々さん 歌と映画の集い」がありました。来年の群響70周年記念、プッチ-ニのオペラ「蝶々夫人」上演に向けてのイベントでした。そのオペラに出演する、オ-ディションで選ばれた歌手の方3人の素晴らしい歌を聴きました!日本文化を尊重した違和感のない岡村さんの演出が楽しみです。
 群響創立70周年記念事業として、オペラ「蝶々夫人」は来年9月に桐生と前橋で上演されます。

 振り返ってみると、群馬交響楽団の過去、現在、未来を並べてみたような三つの催しでした。映画「ここに泉あり」中で奮闘している楽団員さんたちに、「来年は70周年ですよ~」って教えてあげたくなりました・・

2014年11月22日土曜日

アルゲリッチ 私こそ、音楽!

音楽に関する映画は好きでよく見に行きます。

 シネマテ-クたかさきで上映された「アルゲリッチ 私こそ、音楽!」。ピアニスト、マルタ・アルゲリッチの素の表情がとても魅力的でした!ステ-ジに出る前のイライラした表情はちょっと怖かった・・
 娘さんが監督だからこそ撮れた映像が満載。母アルゲリッチを囲んで父親の違う3人の娘さんたちが会話をするシ-ンは、それぞれの複雑な思いが感じられてとてもおもしろかった。アルゲリッチの若い頃の映像や演奏も楽しめる映画です。残念ながら上映は終わってしまいました・・

 高崎電気館では、22、23、24、25の4日間、朝10時より、群馬交響楽団の草創期を描いた映画「ここに泉あり」が無料上映されます。
 まだ大きなスクリ-ンで見たことない方がいらっしゃいましたら、ぜひ電気館でご覧ください。音楽シ-ンはもちろんのこと、高崎の古い街並みや群馬の雄大な風景も楽しめます。
 リニュ-アルしたばかりの電気館はまだ空調設備が整ってないそうです。今日母が見に行きましたが、寒いのでカイロを配ってくれたとのこと、どうぞ暖かい服装でお出かけください!

2014年11月18日火曜日

第19回 秋の木もれびコンサ-ト

 
 「第19回 秋の木もれびコンサ-ト」、無事終了しました!


 前日の15日(土)には、ドラムサ-クルぐんまの主催で、ココイズミにて群馬初のインディアンフル-トサ-クルが開催されました!
 ファシリテ-タ-のMoto Ozakiさんのもと、5つの音が出せれば即興で誰でも旋律が吹け、しかも皆でアンサンブルもできるというインディアンフル-トならではの楽しさを味わいました。
 
 初めて吹く方でも、皆さんそれぞれに個性的なメロディを奏で、楽譜がなくても音楽ができるおもしろさを体験しました!


 16(日)は午後2時より、当社ロビ-で「第19回 秋の木もれびコンサ-ト」を開催、Moto Ozakiさんのインディアンフル-トと小野晃さんのギタ-の演奏を楽しみました。


 フル-トもギタ-も優しく柔らかい音色で、聴いていてとても気持ち良かったです!「おぼろ月夜」「椰子の実」「ペチカ」などお馴染みの曲もインディアンフル-ト独特の奏法で聴くと、一味違ったおもしろさがあります。
 庭のセコイアの大木から木もれびが射し込むこのロビ-で、木のフル-トの音色を聴いていると、室内なのに自然がいっぱいあるような感じがして、とても幸せな気持ちになりました。


 鹿の皮でできたインディアンの太鼓とインディアンフル-トの音色はとてもよく合います。
 
 アンコ-ルでは「仰げば尊し」を演奏、皆さんも一緒に歌ってくださったので、胸にジ-ンときて涙が出てきました。改めていい曲だなあと感激・・最後は泣きながら締めの挨拶をする事態になってしまい、とても恥ずかしかったですが、いい思い出になりました・・


 
 
 インディアンフル-トの展示もし、興味のある方には試奏もしていただきました。できたてほやほやのMoto OzakiさんのCD「いつもそこにあるもの」も販売、たくさんの方にインディアンフル-トという楽器の魅力を伝えることができたかなと思います。


 Moto Ozakiさんは蒲郡中学校の吹奏楽部の後輩、部活の思い出話や故郷の話もできて、とても楽しく嬉しい2日間でした!今後のますますのご活躍を願っております。
 ご来場くださった皆様、お手伝いをしてくれた方々、本当にありがとうございました!

2014年10月6日月曜日

パガニ-ニ 愛と狂気のヴァイオリニスト

 デイヴィット・ギャレット、確かにすごかった!
演奏、容姿、演技、すべて揃った人は珍しい。

 絵で見るパガニ-ニとは随分違うけど、まるでエルヴィス・プレスリーみたいだった。長髪、サングラス、丈の長いコ-トのいでたちは、交響曲HIROSHIMAで騒ぎになったS氏を思い出させたが・・

 ロックスタ-のようだったパガニ-ニ、過剰なエネルギ-と欠落した何かを常に抱えながら、純粋に生きて素晴らしい音楽を生み出した。悪魔なのか、天使なのか・・スキャンダラスな人生だけど、とても魅力的でした。

2014年10月1日水曜日

「Askaの音楽ブログ」始めました!

中島林産株式会社の中島明日香です。
Askaの音楽ブログ」を始めました!

当社ロビ-で開催しているコンサ-トのお知らせや演奏会の感想など、音楽に関するいろいろな話題、情報を掲載していきます。

どうぞよろしくお願い致します!